実際の製造現場で使用できる様々なセンサや計測制御機器から、データ収集するNode-REDアプリケーションの作成方法を学びます。

EnOcean無線センサのアプリケーション

省電力の無線通信により、様々なデータ収集を行うことが可能な、EnOceanセンサのゲートウエイ機能のアプリケーションを作成します。EnOceanセンサからの通信を受信し、データを取り出してグラフ表示したり、ia-cloudサービスへ格納することができます。この講座では、以下のEnOceanセンサを扱います。ラズベリーパイ等のゲートウエイ機器には、EnOcean通信の受信モジュールかUSBドングルが装着されている必要があります。

URD製EnOcean電流センサのアプリケーション

EnOceanセンサの中で、無電源で交流電流の計測が可能な、株式会社URD製の電流センサ、xxxxシリーズを使ったアプリケーションの作成を学びます。

産業用PLCデータからのデータ収集アプリケーション

製造現場や各種の製造設備で利用され、様々な生産関連データを保持する産業用PLCからイーサネットやシリアル通信を利用して、データ収集を行うアプリケーションの作成を学びます。現在、ia-cloudで用意している産業用PLCを接続するノードは、三菱シーケンサ ・Modbus通信対応PLCとなります。いずれも、それぞれのPLCについての基礎知識と環境設定やラダープログラムの作成に関する知見が必要です。

シュナイダーHMIによる制御機器からのデータ収集アプリケーション

ほぼあらゆる計測制御機器との通信ドライバーを備え、それらの機器からのデータを表示したり、上位の通信とのインターフェース機能を有する、株式会社シュナイダージャパンの産業用タッチパネル表示器を介して、データ集収集を行うアプリケーションを作成します。